1. ホーム
  2. BroadWiMAXの契約
  3. ≫Broad WiMAXの契約期間は2年?3年?

Broad WiMAXの契約期間は2年?3年?

今まで2年契約が主流であったWiMAXに、2017年の6月1日より3年契約のプランが生まれました。
一体、どのようなサービスを提供してくれるのでしょうか?
また、この流れを受けて、Broad WiMAXでも新たに「3年契約プラン」を発表しています。

今回は、Broad WiMAXを申し込む上で「2年契約」が良いのか?それとも「3年契約」が良いのか?それぞれのポイントについて解説していきます。

Broad WiMAXの契約期間は2年

Broad WiMAXの契約期間は基本的に2年間です。
例えばギガ放題に契約すると、月額費用が3,411円になるので、単純に2年間の合計で約81,000円前後で使えます。

WiMAXの運営元であるUQ WiMAXが展開しているプランが、ギガ放題で月額4,380円になるので、こちらは、24ヵ月の利用で、約105,000円になります。
2年間で20,000円近く安くなる計算なので、通信費を安く、そしてお得に使いたいのであれば、Broad WiMAXが断然おすすめです。

従来は2年間の契約プランでしたが、2017年の6月1日からUQ WiMAXが3年契約のプランを発表したことにより、Broad WiMAXでも3年契約のプランが登場しました。
では、具体的に「2年契約」と「3年契約」では、何がどう違うのでしょうか?

そちらを見ていきましょう。

3年プランの内容は?

新しく登場したBroad WiMAXの「3年契約」のプラン。
こちらに加入すると、それまで月額1,005円かかっていた、LTEオプションが無料になります。
このオプションは通常のWiMAX2+回線とは別に、auの提供しているLTE回線を使えるというものです。
WiMAXでは、「ハイスピードプラスエリアモード」と呼んでいます。

WiMAX2+回線は、全国的に基地局が設置され、ある程度快適に利用ができます。
しかし、それでも地方へ行くと、やや電波の受信が悪くなる傾向があるのです。
対応エリアも日本中すべてというわけではないので、出張や旅行などで地方へ行く機会が多い方には、すこし不便かもしれません。

そんな時、おすすめしたいのが「LTE回線です」
auが提供しているLTE回線であり、人口カバー率はほぼ100%。
WiMAX2+がエリア外の場所でも、高確率でLTE回線を使えばネットにつなげることが可能です。

このサービスは、本来オプションになっており、使用した月には月額1,005円が上乗せで必要でした。
しかし、WiMAXを3年契約にすると、このオプション料金が無料になり、0円でLTE回線を使えるようになるのです。

LTE回線の注意点について

一見すると便利な「LTE回線」ですが、注意すべき点があります。
それは、月々に利用できる通信量が決められているという点です。
1ヵ月に「7GB」まで…。これがルールになっています。

さらに厄介なのは、ギガ放題という実質データ量が無制限になるプランに契約しても、LTE回線を使うと、月7GBという制約が生まれ、これを超えると、通信速度制限がされてしまうのです。
通信制限が行われると、通信速度が128Kbpsまで低下し、インターネットの利用が困難になります。
現在WiMAXでの下りの最大速度が440Mbps、つまり440,000Kbpsですから128Kbpsがいかに遅いかがわかります。

よって、7GBでの制限が行われる状態は動画を観たり、音楽をダウンロードするなどを、頻繁に行うヘビーユーザーには向いていません。
あくまでもWiMAX2+回線がつながらない際の応急処置的な利用の仕方しかできないのです。
それでも月間の通信量はそれほどでもないが、WiMAXを使いたいときに、よく圏外になる方には、嬉しいサービスなので、このLTEオプションはうれしいサービスになります。

そんなLTEオプションが3年契約にすると無料になる。
それがWiMAXの新しく発表した「3年契約」の概要になります。

2年プランと3年プランどちらがいい?

Broad WiMAXでも、UQ WiMAXの「3年契約」の発表を受け、そのサービスを追随。
業界屈指の低価格を実現しているBroad WiMAXは、LTEオプションが無料となる「3年契約」プランを導入しました。

では、「2年契約」と「3年契約」ではどちらの方が優れており、おすすめなのでしょうか?
これはユーザーの利用方法によっても変わるのですが、通常モードでWiMAX2+回線が快適に使えていれば、特に3年契約にする必要はありません

というのは、モバイルルーターを使う場合、3年の契約は少し長いからです。
契約期間は同一の端末を使い続けなければならないので、3年も使うとバッテリーが劣化します。
3年目は1年目の半分以下のバッテリー容量になっているでしょう。

よって、充電をしにくい外で使うことが多い方の場合、あまりに長期の契約は向いていません。
また、料金プランにも注意すべき点があります。

Broad WiMAXでは、ライトプランと呼ばれる月7GBまでのプランが月額2,726円。
ギガ放題というデータ量無制限のプランが月額3,411円になっています。
しかし、3年契約にすると、この金額が適用されるのが、24ヵ月目までとなり、25ヵ月目以降は月額料金が上がってしまうのです。

表にしてみたので確認してみましょう。

ライトプラン(月7GB) ギガ放題プラン(無制限)
1ヶ月目~3ヶ月目 2,726円 2,726円
4ヶ月目~24ヶ月目 2,726円 3,411円
25ヶ月目以降 3,411円 4,011円

3年目以降の料金が約600円上がっているのです。
この料金プランは、実は従来の2年契約のプランの3年目以降の料金と同額です。
しかし、2年プランは25ヵ月目に解約すれば解約金が0円になり、新しい契約を結ぶことができます。

3年契約にすると、3年目の金額が高く見えてしまうので、通常の利用でWiMAXを使えているのであれば、3年契約にする必要はありません。
特にヘビーにインターネットを使うのであれば、月間の使用量の制限があるLTEオプションは使うべきではありませんし、使ってしまうと、速度制限にかかるので、ヘビーユーザーには向いていないと言えるでしょう。

またauのスマホを持っている方の場合、「auスマートバリューmine」が適用され、LTEオプションが永年無料となるので、3年契約にする必要性がなくなります
auユーザーの方は注意しましょう。

まとめると、

  • 通常の使い方をして満足ならば必要ない
  • ヘビーユーザーには向かない
  • auスマホを持っている方には必要ない

ということになります。
3年契約を検討される場合は、この点を良く考えてみてください。