1. ホーム
  2. BroadWiMAX
  3. ≫Broad WiMAXのセキュリティは大丈夫!?

Broad WiMAXのセキュリティは大丈夫!?

無線の電波を使ったネット接続であるWiMAX。
利用の際、セキュリティが気になる方も多いかもしれません。
特に無線=危険という認識が浸透しており、他人に電波を使われないか?情報を盗まれたりしないか?など気にするケースが増えているようです。

今回はBroad WiMAXのセキュリティについてみていきたいと思います。
しっかりとセキュリティを把握し、快適なWiMAX環境を作りましょう。

セキュリティ面ではUQ WiMAXと同じ

月額費用がお得なBroad WiMAXのセキュリティはどのようになっているのでしょうか?
多彩なプランがあり、料金プランが安いから、セキュリティに問題があるのでは?と思うかもしれませんが、心配はいりません。

公式サイトの情報によれば、Broad WiMAXではWiMAXサービスの運営元である「UQ WiMAX」と同等のセキュリティで守られているとしています。
よって、Broad WiMAXだからセキュリティが弱いということはありません

また、独自の暗号化技術も採用しており、セキュリティは強固であると言えるでしょう。
では、まずはWiMAX契約のセキュリティについてみていきましょう。

しっかりと暗号化されています

最新の技術できちんと暗号化されており、徹底した管理下にあります。
通常の使用では、まず他人にデータを盗み取られる心配はありません。

WiMAXではルーター端末ごとに「ID」と「パスワード」が割り振られているので、パスワードを知らなければ、誰も自分の回線に入ってはきません。
但し、パスワードは端末の裏に記載されているので、端末を紛失したりすると、パスワード漏洩の危険性が高まります
よって、端末の管理はしっかりと行いましょう。

暗号化とは何か?

簡単に言うと、データの中身を他人に分からなくするための方法です。
通信サービスを利用したり、パソコンを起動する際、入力するパスワードをそのままの文字列で保存していると、他人に抜き取られる可能性があります。

そうならないために、解読が困難になるように「暗号化」するのです。
これを「暗号化キー」と呼んでいます。
暗号化技術にはいくつかの種類があるので、確認していきましょう。

WEP

無線LAN初期の暗号化技術です。
よって、セキュリティのレベルは高くなく、現在では1分もあれば解読されてしまいます。
現在のWiMAX端末は「WEP」ではなく、WEPの強化版である「WPA2」という暗号化キーを採用しているので、解読は困難になっています。

仮にWEPを使っているのであれば、早急に使用は控え、WPA2を使用するようにしましょう。
これは端末の設定から行うことができます。
大体は本体のメニュー画面から「SSID情報」から変更が可能になっています。

TKIP

WEPの生成方法を見直し、より複雑化した暗号化キーです。
しかし、WEP同様、セキュリティのレベルは低く、暗号自体はWEPと同じなので時間をかければ解読されてしまいます。
こちらも使用には十分に注意しましょう。

AES

WEPやTKIPの暗号化の脆弱性を再検討し、新しい生成方法で作られた暗号化キーです。
上記で紹介した2つの暗号化キーよりもセキュリティレベルが高く、解読の難易度は高くなっています。
通常の使用であれば、まず解読されデータを盗み取られる心配はありません。

現在のWiMAXルーターを含め、多くの無線LAN端末は「AES」を使用しています
このセキュリティの強固さは折り紙付きです。
最新のコンピューターでも解読に数億年かかり、事実上、解読は不可能になっています。

Broad WiMAXの暗号化技術

Broad WiMAXでも、この「AES」という暗号化キーを採用しています
よって、そう簡単に通信内容を傍受されることはありません。
安心して無線のインターネットを楽しめます。

セキュリティがいくら強固だからと言っても、パソコンにはウイルス対策ソフトを入れておくことをおすすめします。
暗号はあくまで他人に使われなくするための1つの技術なので、パソコン本体は自分自身で守る必要があるのです。

さらにセキュリティのレベルを上げるためには?

高いセキュリティレベルを持つ「AES」ですが、設定したパスワードがあまりに単純であると、能力を十分に発揮できません。
通常、AESのパスワードは8桁~63桁で設定が可能になっています。

この時、桁数が少ないパスワードに設定すると、簡単にパスワードを盗まれてしまう危険性があります。
こうならないためにも、パスワードを設定するときには、アルファベットだけでなく、数字を含めることで複雑化しておくと良いでしょう。

桁数の長いパスワードを設定することが、より強固なセキュリティに繋がります。
最低でも10桁以上のパスワードを設定し、さらに月に1度はパスワードを更新すると、より高いレベルでセキュリティを維持できます

セキュリティ面で選ぶならBroad WiMAXがおすすめ

Broad WiMAXでは最強の暗号化キーである「AES」を採用しています。
基本的には問題なくWiMAXを使うことができるでしょう。
また、通常の使い方であれば、まず解読される危険性はありません。
より安全で確かにインターネットをしたいのであれば、Broad WiMAXを選んでおいて間違いはないです。

必須オプションではありませんが、様々なオプションがあり、月額料金が安いBroad WiMAXはWiMAXプロバイダとして優秀であり、本当におすすめです
費用も業界最安級ですし、サポート体制も優れています。

また、各種サービス、キャンペーン、WiMAXオプションが豊富になります。
セキュリティを高めるために「安心サポートプラス」や「端末安心サポート」などのオプションサービスを利用されるもの良いでしょう。

注意点はパスワードの管理です。
パスワードさえ割れなければ、他人からの侵入を防ぐことができます。
この点をしっかりと抑え、WiMAX機器を快適に使ってください。