1. ホーム
  2. BroadWiMAX
  3. ≫WiMAXがピンチの時に使える公衆無線LAN

WiMAXがピンチの時に使える公衆無線LAN

WiMAXユーザーは、au Wi-Fi SPOTが使えますが、WiMAX端末経由の接続が必要です。
「WiMAXルーターを使っていて端末が電池切れ」といった場合に使える公衆無線LANや、使う際の注意点についてまとめてみました。

公衆無線LANの種類

公衆無線LANには数多くの種類があります。
無料で使える手軽なものなから、セキュリティが安心の有料のサービスまで様々。
色々と比較し、自分のスタイルに合わせて使い方を選びましょう。

固定回線プロバイダ系

固定回線を提供しているプロバイダでは、どのような公衆無線LANサービスを展開しているのでしょうか?
多くの業者がサービスの提供開始をしています。
簡単に使用方法などをまとめてみました。

フレッツスポット

フレッツ光が提供しているサービスで、料金プランは月額200円。
全国のカフェや駅でWi-Fiが使える公衆無線LANサービスです。現在は新規申し込みを終了しています。

OCNホットスポット

OCNが提供する公衆無線LANサービスです。OCNに加入している方は月額300円。非加入者は月額500円にて利用サービスの使用が可能です。

nifty

niftyも公衆無線LANを提供しています。高速通信も可能です。
公衆無線LANのみの使用なら、月額250円にてサービスを受けることが出来ます。

au one net

au one netという公衆無線LANではなく、WiMAXと組みわせることが出来る、高速モバイル通信がありました。ただし、こちらは現在新規申し込みを終了しています。

誰もが使えるコンビニ・カフェ系

コンビニやカフェなどでも気軽の公衆無線LANが可能です。
この項目では、主にスターバックスを抜粋して紹介していきたいと思います。

有名コーヒーチェーン、スターバックスでは無料の公衆無線LANを提供しています。
SSID、「at₋STARBUCKS₋Wi2」に接続し、利用規約に同意することで接続が可能です。
但し、1回のログインで連続して使用できるのは1時間までとなりますので、注意が必要です。

他にも

  • マクドナルド
  • デニーズ
  • ドトール
  • プロント
  • タリーズ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミマ

などの飲食店やコンビニでも提供しています。

有料だが安全な公衆無線LANサービス

有料ですが、安心のセキュリティがあるのが、「Wi2 300」という次世代の公衆無線LANです。
全国最大の規模のエリアを誇り、対応している公共交通機関、カフェ、などで手軽にインターネットが可能です。
特に次世代の無線規格である「11ac」を使用しているので、自宅と同じような環境でネットを楽しめます。

利用料金は月額362円(税抜)で、ベーシックエリアにて使用が可能です。
またワンタイムプランといって、時間で契約することもOK。(例6時間:350円)

Yahoo!無線LANスポットも人気です。
月額500円(プレミアム会員は200円)にて、全国のマクドナルドや、駅、空港などのWi-Fiスポットを使用できます。

大手キャリア系

3大キャリアでも通信速度が速く、通信が安定している公衆無線LANを提供しています。

ドコモ:docomo Wi-Fi

ドコモが提供している、駅やカフェ、空港などの公衆WiFiサービスが使えます。
月額料金は300円ですが、現在永年無料キャンペーンを実施しています。
docomoユーザーでない方の場合、月額1,500円と少し割高になるので注意。

au:au Wi-Fi SPOT

カフェや駅など、全国20万以上のスポットでWi-FiがOK。
それが「au Wi-Fi SPOT」です。
auのスマホだけでなく、お手持のパソコンなどからでも通信が可能です。
基本的にはauの携帯電話、スマホに契約している方が対象で、月額300円にて利用が出来ます。

ソフトバンク:Softbank Wi-Fi SPOT

ソフトバンクユーザーが使える、公衆無線LANサービスになります。
月額使用料は、月467円です。使えるスポット数が多く、の駅やホテル、カフェなどで使えます。

格安SIM系

格安SIMを提供している業者からも、数多くの公衆無線LANが登場しています。
手続きも簡単なので、いくつか抜粋し紹介していきたいと思います。

U-mobileやSecured Wi-FiもOK。それにDoSPOTなら無料で……

「U-mobile」や「Secured Wi-Fi」などは簡単接続で、駅や空港、カフェなどでWi-Fiを使えます。
また「DoSPOT」おススメ、1日15分なら無料でネットに繋げます。しかも全国82,000カ所以上の場所で使うことが可能です。

楽天モバイル

楽天モバイルは、エネコネクトと提携し、公衆無線LANを提供しています。
利用登録することで、月額362円にて全国の対応しているスポットで公衆無線LANが使えることがポイントです。

BBモバイルポイントやWI2もおススメです

BBモバイルポイントはSoftbankが提供している公衆無線LANになります。
別途プロバイダ契約が必要なので、無料ではないので注意しましょう。
また、人気のWI2もおすすめ。月額380円にて、街中にある公衆無線LANを使えます。

BIGLOBE SIM

人気プロバイダ、ビッグローブでも公衆無線LANを使えるサービスがあります。
使用するためには、ライセンス契約が必要になり、1ライセンスにつき1端末、250円にて使うことが可能です。
全国86,000カ所以上の利用可能エリアがあり、非常に得です。

ワイヤレスゲート

ワイヤレスゲートでも公衆無線LANを提供しています。
プランは2つあり、世界2,000カ所で使えるFONプレミアムプランが月額580円。
日本国内40,000カ所で使えるプランが月額390円となっています。
オプションで電話リモートサポートのサービスが、月額490円にて受けられます。安心なサポートですね。

UQ-mobile「I2 300」NifMoもGood!

UQ-mobileでは、端末を契約している方限定で、WI2 300の公衆無線LANが無料で使えるようになります。WiMAXユーザーには特におすすめです。
また、niftyが提供している「NifMo」では、「NifMoコネクト」というアプリでWi-Fiエリアを自動で切り替えが可能。簡単に無料Wi-Fiスポットに接続が出来ます。

公衆無料Wi-Fi利用時に気を付けるべきこと

便利な公衆無線LANですが、注意すべき点もあります。
それは、銀行口座やクレジット番号などを利用する取引やデータのやり取りは行わない。
特に無料の公衆無線LANはセキュリティが低く、個人情報の流失の可能性があります。

また、なりすましのSSIDには気を付けましょう。
身元の分からないSSIDには極力接続しないこと。これが鉄則です。
最後に、Wi-Fiの暗号化方式が、セキュリティ度が高い、「WPA2」のものを選ぶと良いでしょう。

これらの注意点を意識し、快適なネットライフを送りましょう。