1. ホーム
  2. BroadWiMAXの契約
  3. ≫BroadWiMAXの「初期契約解除制度」と「ご満足保証」

BroadWiMAXの「初期契約解除制度」と「ご満足保証」

BroadWiMAXには、「初期契約解除制度」と「ご満足保証」という制度があります。
この2つの制度のおかげで、安心してWiMAXを申し込むことができるという大変優れた仕組みです。
どのような制度なのか、具体的にご紹介します。

初期契約解除制度

WiMAXにはクーリングオフがない

意外に思われるかもしれませんが、WiMAXの契約にはクーリングオフは適用になりません。 すなわち、いったん申し込んだら基本的にキャンセルできないことになっています。

そもそもクーリングオフは、訪問販売やキャッチセールス等、特に悪徳商法から消費者を守る目的で作られました。その場で冷静さを失って契約しても、時間をおいてクールダウンすることで、冷静になり正しい判断ができる状態になったときに契約を解除できるようにしたものです。

WiMAXの場合は、家電量販店やWEBの販売ページで、消費者が納得した上で契約しているものとして、クーリングオフの対象外となっていました。
しかし、オプション加入などわかりにくい料金設定やキャッシュバックについて、トラブルが目に付くようになり、総務省も無視できなくなって、新たな制度を作ろうということになりました。それが「初期契約解除制度」です。

初期契約解除制度

クーリングオフと似ていますが、解約の旨を記載したハガキや書面を販売会社に送付することで、一切の理由を問わず、一切の解約金なしで契約を解除できる制度です。
理由は問われませんから、自宅の電波状況が悪いといった理由のみならず、単なる「やっぱりやめた」という理由でも全く問題ありません。

クーリングオフとの違い

ただ注意しなければならない点があります。
クーリングオフとは、一切の契約内容をなかったことにするものですが、初期契約解除制度は通信・オプションのみが対象で、端末は対象となっていません。
これは制度の悪用を防止する目的でそうなっているのですが、これでは通信契約は解除できても手元に端末が残ってその代金が返ってこなければ、事実上消費者の泣き寝入りということになり、初期契約解除制度が有効に機能しないということになってしまいます。そこで初期契約解除制度と抱き合わせで「確認措置」という制度も作られました。

端末代金については「確認措置」で対応

販売者側の説明不足により不利益を被ったり、エリア内であっても電波状況が悪く満足に使用できないことが確認された場合に限り、端末も含めた契約の解除ができる制度です。
お分かりの通り、消費者側の不利益を販売者側が確認する必要があるので、認められない可能性もある点に注意が必要です。

Broad WiMAXの初期契約解除制度

Broad WiMAXの初期契約解除制度は画期的です。
契約後7日以内に端末を返却すれば、無条件に端末まで初期契約解除制度の対象としてくれます。
理由の如何を問わず、一切のお金も発生せず、契約をなかったことにしてくれるということです。

ご満足保証


Broad WiMAXにはもうひとつ、独自の保証があります。
それは、WiMAXを契約して何らかの理由でWiMAXからフレッツ光・auひかり・ポケットwifiに乗り換えたいと思った場合、解約金なしで乗り換えられる制度です。
通常、他のサービスに乗り換える場合は、解約金が発生しますが、Broad WiMAXの販売会社は、光固定回線やポケットWiFiを扱う株式会社オールコネクトグループの一社であるため、こういった保証をつけることができるわけです。

まとめ

WiMAXの契約にはクーリングオフが適用になりませんが、初期契約解除制度と確認措置ができて、以前よりは消費者が保護される傾向になってきましたが、完全ではありません。
Broad WiMAXの初期契約解除制度とご満足保証であれば、理由の如何を問わず契約の解除、あるいは他のサービスへの乗り換えが可能ですから、例えば自宅のWiMAX受信状況に少し不安があっても、安心して申し込めますね。