1. ホーム
  2. BroadWiMAX
  3. ≫BroadWiMAXの申込時クレードルはどうすればいい?

BroadWiMAXの申込時クレードルはどうすればいい?

BroadWiMAXの申し込みの際、クレードルも同時に申し込むかどうか聞かれます。
クレードルとは何で、どのようなメリットがあるのか、わかりやすく解説しています。

クレードルとは


クレードルとは、スタンド型の充電機器かつ拡張機器です。
外観のイメージとしては、ガラケーの卓上充電スタンドといったところでしょうか?
充電だけなら、充電ケーブル(ACアダプター)だけで済みます。
クレードルがあると何が便利なのか、ひとつひとつ見て行きたいと思います。

電波の安定性が増す

WiMAXは無線である以上、有線よりはどうしても接続の安定性で劣ります。
例えば周波数が2.4GHzでの無線接続の場合、電子レンジから発生する電波と干渉しあい、通信状態が悪くなる場合があります。
電子レンジに限らず、電化製品には周波数が2.4GHzのものが多いので、本来WiMAXのエリア内で特に遮蔽物もなく良い受信環境のはずなのに、なぜこれほど通信状況が悪いのだろうということも起こります。
WiMAXの端末で2.4GHzと5GHzを切り替えられますから、そういった場合は5GHzに切り替えれば問題がクリアできる可能性はあります。
ただ5GHzは電波の到達距離が短いので、端末とPCやタブレットといったWiFi機器の距離が離れると、それはそれで安定性が落ちてきます。
クレードル使用することにより有線で接続できますから、「どうも接続が安定しない」という場合にはクレードルが威力を発揮する場面も少なくありません。

通信速度が速くなる

WiMAXは室内で電波が届きにくいと言われてきましたが、アンテナ搭載のクレードルも登場してきました。
たとえばWX03のクレードルは拡張アンテナを搭載していて、あらゆる方向からの電波を漏れなくキャッチできるようになり、室内でもより快適なネットを楽しめるようになっています。

固定回線を無線LAN化できる


これはけっこう重宝します。
フレッツ光等の固定回線で有線接続の環境しかない場合、ノートパソコンやタブレットなど無線LANでしか接続できない機器は使えません。
しかし、クレードルには有線の端子があります。
固定回線とクレードルを接続し、クレードルにWiMAXの端末を置けば、それで無線LAN環境の完成です。
たとえば旅行先のホテルで固定回線はあるものの、WiMAXの電波が入らない場合、この方法でノートパソコンやタブレットをインターネットに接続することができます。

充電が簡単

前述のとおり、ACアダプターがあれば充電はできますが、ACアダプターをどこに置いたか忘れて探したり、WiMAX端末の差込口のカバーを開けたりといったちょっとした面倒くささで、つい後回しにして結局充電し忘れというケースも良く耳にします。
クレードルはそうそう移動するものではありません。
外出先から帰宅したら端末をただクレードルに置けば良い気軽さは、想像以上に便利です。

デメリット

機能的な面でのデメリットはありません。
唯一挙げるとしたら、クレードル代が約3000円程度かかるということです。

まとめ

「クレードルは必要か?」という質問に対して一言で答えるとしたら、「無くても困らないがあったほうが便利」といったところでしょうか?
どうしてもクレードル代を払いたくないということであれば仕方ありませんが、そうでなければあったほうが何かとべんりです。