1. ホーム
  2. BroadWiMAX
  3. ≫au4GLTEオプションかんたん解説

au4GLTEオプションかんたん解説

WiMAX回線の種類

モバイルルーターで人気のWiMAXですが、使う機種によって、いくつかのネットワーク回線に分かれています。その種類は3種類。

WiMAX回線

UQコミュニケーションズが提供する電波です。
通信速度は、減速化されていて、下り(ダウンロードの速度)が最大で13.3Mbpsとなっています。
通信速度はあまり早くはありませんが、通信量による通信速度の制限がないことが特長です。

WiMAX2+回線

こちらのUQコミュニケーションズが提供する電波になります。
現在のWiMAXといったら、まずWiMAX2+回線のことを指し、メインの回線となっています。
最新端末での通信速度は、最大で下り440Mbpsと、非常に高速な通信が可能です。

但し、高速通信の分、電波の直進性が高いため、床や壁などの障害物に弱いという点があります。
また、ギガ放題でも通信量の制限があり、3日で10GB以上使うと通信速度が制限されます。

4GLTE回線

auが提供する電波です。
WiMAXのオプション契約である「ハイスピードプラスエリアモード」を選択すると利用できるサービスです。
通信速度は最大で、下り150Mbpsと、そこそこ高速通信が可能になっています。

また、電波が強くて安定しています。障害物があっても回り込むことができるので、電波が届きやすいというメリットがあります。
その分、規制がやや強めであり、1ヶ月で7GBもしくは、3日で1GB以上の通信を行うと、通信速度が、128Kbpsに制限され、ネットの使用が困難になります。

キャリアアグリゲーション(CA)

キャリアアグリゲーションという、新技術を知っていますか?
これは、無線通信を高速化する手法の1つです。
複数の異なる周波数帯の電波を1つにまとめることができるのです。

WiMAXでは、WiMAX2+回線と4GLTE回線を束ねて1つの電波にすることで、通信速度が格段にスピードアップしています。
従来の通信速度が110Mbpsだとすると、キャリアアグリゲーションの技術により、370Mbpsまで引き上げることが可能です。

au4GLTEオプションの料金

安定した高速通信が、屋内、屋外と対応し、利用できる便利なオプションサービスであるau4GLTEですが、月額どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

このオプションは、月額1,005円となっています。
日割りでの計算ではなく、その月に一度でも使うと、月1,005円かかります。
これが嫌で、この通信モードオプションを使わない利用者も多く、評価は二分しています。

但しスマホユーザー(携帯電話利用者)は別です。
auスマートバリューmineという割引が適用になる方の場合、このオプション料金が0円になります。

au4GLTEオプションの注意点

ワイマックスと言ったら有名なのはギガ放題です。
通常、WiMAX2+回線を使う場合、月々のデータ量が、7GBまでと決められていますが、ギガ放題に入ると、無制限で使えます。(混雑回避のため、3日で3GB使うと通信速度制限アリ)

しかし、ギガ放題プランに加入していても、au4GLTEオプションを使ってしまうと、通信の制限がされることになるのです。
具体的には、au4GLTEを使い、月7GBを超えてしまうと、通信速度の制限が入り、通信速度が128Kbpsまで下がります。

これはWEBページを立ち上げるだけで5分程度かかってしまう速度なので、使い物にならなくなってしまいます。この点は注意しましょう。

WX03はau4GLTEなしても超速

速度制限なく、快適にインターネットを使用したいのなら、au4GLTE回線を使うのではなく、WiMAX2+回線を使うことがおすすめです。
特に発売されている最新端末、「WX03」を使えば、au4GLTEの回線を使用しなくても、最高速度が440Mbpsを超えます。

同時に、ギガ放題に加入すれば、月間7GBまでという通信量の心配をする必要がありません。
最新端末を使い、WiMAX契約を行い、快適なネットライフを送りましょう。